農業は収穫があって楽しそう。大変なの?

2021.12.27 おしごとBOOK

しごとについての質問

「農業は収穫があって楽しそう。“大変”って聞くけど、なにが大変なの?」(15歳・女子)

山内康裕(やまうち やすひろ)さん

1979年生まれ。法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科(MBA in accounting)修了後、税理士を経て、マンガを介したコミュ二ケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し、2020年に法人化。「これも学習マンガだ!」事業(日本財団助成)を推進。事務局長・選書委員を務める。さいとう・たかを劇画文化財団代表理事、文化庁メディア芸術連携基盤等整備推進事業有識者タスクチーム員、国際マンガ・アニメ祭Reiwa Toshima(IMART)共同委員長、日本マンガ学会監事他を務める。共著に『『ONE PIECE』に学ぶ 最強ビジネスチームの作り方』(集英社)、『人生と勉強に効く 学べるマンガ100冊』(文藝春秋)など。

漫画で、農家の生活をのぞいてみましょう


『GREEN〜農家のヨメになりたい〜』(全4巻)

著者:二ノ宮知子

出版社:講談社

価格:440円(税込)

電子書籍あり

自然と向き合い、作物の成長を感じながら、旬の野菜や果物を収穫するのはとても楽しいですよね。ただ、農業は、その年に1回あるいは数回の収穫が収入に直結しますから、季節や天気にあわせた細やかなケアが大切になります。水や肥料を与え、病気や害虫から守るという手入れを、1年間かけて行うのです。また、収穫までが農業の仕事ではありません。どのような手段で販売するのか、来年に向けてどれくらいの量を生産するのかを考えるのも大事な仕事です。


漫画『GREEN〜農家のヨメになりたい〜』は、調理師学校の学生・吉川和子と、農家の跡取り息子・小野誠の恋愛を描いたラブコメディーです。誠に一目ぼれした和子が、学校のない週末だけ誠の家や近隣農家の収穫などを手伝いにやってきます。体力的にハードな農作業の仕事の様子や、種から野菜を育てる大変さ、後継者の問題など、農業の一面を知ることができます。二人や周りの人々との掛け合いを楽しみながら、農家の生活をのぞいてみてはいかがでしょうか。

農業学校の世界も知ることができますよ!


『銀の匙 Silver Spoon』(全15巻)

著者:荒川弘

出版社:小学館

価格:499円(税込)

電子書籍あり

農業のことをもっと知りたければ、農業高校を舞台に描いた漫画『銀の匙 Silver Spoon 』を読んでみてはいかがでしょう。本作では、農作業に一切かかわりのなかった男の子・八軒勇吾が、農業高校に進学し、これまで知らなかった農業の世界を体験しながら、その道を進んでいく様子が描かれます。作品の舞台である大蝦夷農業高等学校は、著者・荒川弘の母校である北海道帯広農業高等学校がモデルなんだそう。他の学校とは全く違った授業のカリキュラムや、農業高校の学校環境にきっとびっくりすることでしょう。


日本の農業には大きく2つの種類があります。米や野菜、果樹など土を耕して作物を育てる「耕種農業」と、牛や豚、鶏など家畜を育てる「畜産農業」です。主人公の八軒は酪農科学科で、大事に育ててきた豚を「食べ物」として出荷するまでを経験します。


「食」の本質に迫り、「命」をいただくという意味を、消費者と生産者の視点から考えるきっかけにもなるでしょう。また、バイオテクノロジー研究や品種改良、今後の農業経営の話など、農畜産業の世界を、作品を楽しみながら知ることができますよ。

構成/松尾奈々絵