実践! 「おしごと年鑑」授業リポート 第7回

【大洗町×おしごと年鑑】商業体験の事前調べとしてワークシートを活用!

茨城県大洗町立大洗小学校6年生
  • 総合学習(探究)
  • キャリア教育
2023.01.17 授業リポート

茨城県大洗町では小・中学校でのキャリア教育に力を入れ、「おしごと年鑑」を活用した授業を展開しています。大洗町立大洗小学校で2022年11月末に、地元の曲がり松商店街の協力を得た「商業体験」を6年生の総合的な学習の時間で実施しました。その事前学習として、世の中にどんな仕事があるのかを調べる授業を「おしごと年鑑」を使って2回行いました。ワークシートを活用した授業の様子をご紹介します。

「おしごと年鑑」を使った調べ学習の様子。大洗小学校は2012年4月に開校。円環状の校舎の窓からは大洗港が見える(右)
「おしごと年鑑」を使った調べ学習の様子。大洗小学校は2012年4月に開校。円環状の校舎の窓からは大洗港が見える(右)
実践校
茨城県東茨城郡 大洗町立大洗小学校
学年
小学6年生(2022年度)1クラス計42人
授業
総合的な学習の時間(キャリア教育として)
時間
2コマ(2022年11月11日、11月22日)
使った教材
『おしごと年鑑2022』、ウェブ版「おしごと年鑑」
はじめに

調べる仕事を「おしごと年鑑」から選ぶ

「おしごと年鑑」に掲載されている数多くの仕事から、どうやって1つを選べばいいのか。先生はそのポイントとして「興味を持ったお仕事」「将来やりたいお仕事」「商業体験に関連したお仕事」の3つを挙げた。

児童たちは「おしごと年鑑」を開き、「犬がいる!」と写真から興味のあるページを選んだり、巻頭の「運命の1社がわかる! おしごと診断」を試したりして、自分におすすめのページを探したりした。

5人ずつほどのグループに分かれての授業だったので、「どのページにした?」「わたしに向いてるのって何だと思う?」などと、友だちに相談しながら進める姿も多く見られた。

先生が今日の授業の流れを説明。「おしごと診断」を使って自分におすすめのページを探す児童たち(右)
先生が今日の授業の流れを説明。「おしごと診断」を使って自分におすすめのページを探す(右)
展開1

ワークシートに調べたことや感想を記入

仕事が決まったら、「おしごと調べ学習ワークシート」にある4つの項目を記入していった。

①この仕事を選んだ理由

②調べてみてわかったこと

③この仕事の人に聞いてみたいこと

④この仕事を調べての感想

児童たちに人気の食べ物に関係した仕事や動物に関係した仕事の他にも、「お金とのつきあいがうまくなりたい」という理由で大和証券のページを選んだり、「大洗よりも遠いところに行く場合にサービスエリアを使いたい」と東日本高速道路のページを選んだりするなど、幅広い仕事への関心が伺えた。

「おしごと年鑑」に掲載された仕事について、調べたことや感想を記載したワークシート
「おしごと年鑑」に掲載された仕事について、調べたことや感想を記載したワークシート
展開2

グループ内でワークシートの内容を発表

ワークシートが完成したところで、グループの中で発表をしあった。 「商品の名前を守る弁理士という仕事がある」(日本弁理士会)、「コンビニは食品ロスを減らす努力をしている」(セブン-イレブン・ジャパン)など、「おしごと年鑑」を読んで学んだことを教えあった。

「有名なお菓子メーカーの歴史を知ることができてうれしかった」(ギンビス)、「環境にやさしいリユースってすごいと思った」(ブックオフグループホールディングス、エコリング)といった感想を聞きながら、友だちが選んだページについてもそれぞれが読み込んでいた。

グループ内で自分が調べた仕事について発表
グループ内で自分が調べた仕事について発表
展開3

将来の自分を想像する

最後に「○年後のキミはなにしてる?」のワークシートを見ながら、将来の自分について想像した。

「10年後だと22歳……えーわかんないよ」「何がしたいかなぁ、自由に生きたい」と悩む児童が多い中、「警察官になりたい」など具体的な仕事が出てきたときには拍手が起こった。

「自分が働く姿」の想像をすることで、この後に予定する商業体験への心構えにつながったようだった。

友だちの話を聞いて、自分が選んだページ以外にも興味を広げる
友だちの話を聞いて、自分が選んだページ以外にも興味を広げる
地元商店街で行った「商業体験」では、売り子になって計算もした
地元商店街で行った「商業体験」では、売り子になって計算もした

企画・担当した先生方から

大洗小学校の種瀬実玖教諭
種瀬実玖 教諭

「おしごと年鑑」には、子どもたちの興味を引くテーマがありました。ウェブ版もあるため、パソコンでも読むことができたのがよかったです。今回は商業体験の事前学習として活用しました。児童が商業体験で体験するお店や、それぞれが担当する役割(社長や経理など)に関連づけて調べることができたのも、よかったです。

「おしごと年鑑」を使った
授業をしてみませんか?

おしごと年鑑編集部では、授業でより使いやすい教材とウェブサイトをめざし、先生方の声を募集しています。「おしごと年鑑」やウェブ版「おしごと年鑑」を使った授業リポート、使ってみたご感想、ご意見をお寄せください。許諾をいただいた上で、ウェブサイトなどでご紹介することもあります。