国旗のお仕事って何をしているの?

おしごと年鑑 「知る」「学ぶ」「楽しむ」をかなえるお仕事 2021年度
株式会社アテナ

五輪などの国際的なスポーツ大会やサミットなどでは、参加した各国の国旗が掲げられます。この国旗に関わる仕事について、外務省ご用達で国旗に詳しい株式会社アテナに教えてもらいました。

  • 国旗に関わる仕事
  • 国際交流に関する仕事
  • 式典に関わる仕事

海外のお客様を迎える時や大きな国際的なイベントが開催される時に、公式の国旗を作り、間違いなく掲揚・撤去する仕事です。

こんな時、こんな所で国旗が使われている

こんな時、こんな所で国旗が使われている

国旗は、国や国民を象徴するものとして、様々な場面で使われています。
相手の国や人に、親愛の気持ちを込めて掲げられています。

外交・国際会議での場面

外交・国際会議での場面

国のトップ同士が集まって会談する時に国旗が掲揚されます。また、大きな国際会議が開催されると、会場の外に参加国の国旗が掲揚されます。

◀︎主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の会場となったインテックス大阪には、招待国を含む計28カ国・地域の旗が掲揚された=2019年6月、大阪市住之江区

スポーツ大会での場面

スポーツ大会での場面

国際的なスポーツ大会が行われる際に、国旗は多く使われます。開会式で選手が入場する時や、表彰式でも国歌の演奏に合わせて受賞者の国の国旗が揚げられます。

◀︎スポーツ大会の表彰式で掲揚される国旗。左から、オランダ、日本、アメリカの国旗

祝日での場面

祝日での場面

祝日には国旗を揚げる習慣があります。また、国が喪に服すときも、弔旗と言い、国旗を半分の高さに揚げたり、先端に黒い布をかけたりします。

◀︎祝日となった「天皇の即位の日」に、東京・丸の内のオフィスビルに掲げられた日本国旗

学校行事での場面

学校行事での場面

学校の入学式や卒業式などおめでたい式典の際にも国旗が揚げられます。

国旗を作るお仕事

国旗の色やデザイン、縦横の比率などには、その国の歴史・宗教・国民といった意味があります。ですから、その意味に正確に作らなければいけません。そのため、作る際はその国の関係者に色やデザインなどを確認してもらい、少しでも間違いや違和感があれば作り直しています。
また国旗は、国の体制が変わる一大事が起きた時に、変更される場合があります。常に国際情勢に目を光らせていることも、正確な国旗を作る上で大事です。

同じ色でも、国によって異なる意味

各国旗の色はその国の人、文化、精神を象徴するものですので、注意が必要です。

コートジボワール

hoge

アイルランド

hoge

国旗を掲げるお仕事

国旗は国際的な儀礼「プロトコール」に基づいて並べられています。「プロトコール」とは各国を敬い平等に扱うための国際的なマナーのことです。国旗を掲げる時はこのプロトコールに基づいて大切に取り扱う必要があります。

場によって「紋章」が国旗に出現

使われる場所によってデザインが異なる国旗があります。

スペインの国旗の場合

例えば、スペインの国旗は、左中央の紋章が描かれている国旗の使用が、政治機関や外交の場のみに本来限られています。対して、ビジネスやスポーツ大会では、紋章がない国旗を用いなければなりません。

hoge

公式な外交の場で使われるデザイン

hoge

スポーツ大会やビジネスの場で使われる
デザイン

国旗に関するプロトコール

国旗を掲揚する時は、以下のようなプロトコールを守らなくてはいけません。

1.国旗を汚してはいけません。
2.国旗を濡らしたり地面につけたりしてはいけません。
3.上下左右反対に掲揚してはいけません。
4.国旗は、原則雨の日や日没後に掲揚してはいけません。
5.外国旗だけで掲揚してはいけません。
6.1本の旗竿に複数の国旗を掲揚してはいけません。
7.2カ国以上掲揚する時は、国旗のサイズは同一、同じ高さで掲揚します。
8.国旗を並べる順番は、原則アルファベット順で掲揚します。

国旗を掲げる時、いろいろなことに気をつけているんだね!

ヒナタ

国旗は、国際理解を深める第一歩です

答えてくれた人

株式会社アテナ
フラッグセレモニー・コンシェルジュ 小川孝洋さん

「アテナ」の国旗部門の仕事は、日本に大統領や王様を迎える時や、日本で開かれる重要な国際会議の際に、色やデザインが正確な国旗を用意し、国際的に決まっている儀礼にのっとって掲揚・撤去することです。
国旗を揚げるということには数多くのルールがあり、またその国々においても国旗を使う際の決まり事が法律化されています。国旗はその国々の人々を代表する物として丁重に扱わなければならず、間違いがあった際は国際的な問題になることも多くあります。
国旗や国際儀礼を理解することが、さまざまな国の人が往来する現代において、相互理解を深めるきっかけとなるように、私たちも課外授業や出張教室などを通して、国旗の大切さを伝えていきます。

デジタル地球儀e-BOOK版・しゃべる国旗付き地球儀

「デジタル地球儀e-BOOK版」(左)や、その情報が立体地球儀で学習できる、「しゃべる国旗付き地球儀」を通しても、国旗のことを広く大切に伝えています。

答えてくれた人