環境にやさしい家ってどんな家?

おしごと年鑑 身近な生活につながるお仕事 2020年度
ミサワホーム株式会社

地球温暖化が世界の問題になっています。そのため、さまざまなところで地球の環境を守るとりくみがなされています。家づくりでも同じです。環境にやさしい家について、ミサワホームに教えてもらいました。

自然の力をうまく取り入れて、CO2(二酸化炭素)を出さずに暮らせる家だよ。

環境にやさしい「ゼロ・エネルギー住宅」!

人はこれまで石炭や石油などを燃やしてエネルギーを得てきました。その結果、地球上のCO2(二酸化炭素)が増えて、地球温暖化の原因になっています。地球の環境のためには、CO2を出さないようにする工夫が必要です。環境にやさしい家とは、くらしの中で、できるだけCO2を出さないことを考えてつくられた「ゼロ・エネルギー住宅」だといえます。

使うエネルギーとつくり出すエネルギーが同じ量なら、差し引きは0だね。

ヒナタ

ゼロ・エネルギー住宅

省エネ

毎日のくらしで使う
エネルギーを節約(省エネ)

創エネ

自然の力を利用して
エネルギーをつくり出す(創エネ)

断熱

断熱性能を上げて
余計なエネルギーを使わない(断熱)

自然の力をうまく使えば、CO2を出さずにエネルギーをつくれます。自分の家で、太陽の光を電気に変える「太陽光発電」を使えばCO2を出さずにエネルギーが得られます。あまった電気は「蓄電池」にためて必要な時に使えれば、さらに環境にやさしくなります。

蓄電池に電気をためて使う(蓄エネ)

「蓄電池」はあまった電気をためておける家庭用の大きな電池だ。
蓄電池があれば効率的に電気が使えるよ。

蓄電池のいいところ

災害によって停電した時などに安心

電気を買う量が少なくすむので節約

矢印

電気を買う量が少なくなるから、CO2を出す量を減らせて地球にやさしい

部屋の中の蓄電池

照明、冷暖房、お風呂など、家ではいろいろ電気を使うけど、太陽光発電と蓄電池で1日生活するのに十分な電力が得られる

自然の力が利用できるのはエネルギーづくりだけじゃない!

夏に涼しく、冬に暖かく過ごせればとても快適です。だからといって、エアコンなどをたくさん動かして多くのエネルギーを使ってしまっては、地球にやさしくありません。家の設計でも、自然の力をうまく利用すれば、快適な空間をつくることができます。

自然の力が利用できるのはエネルギーづくりだけじゃない!

太陽が高い夏は、暑い日差しは軒の出でカットし、さわやかな風を取り入れる

太陽が低い冬は、暖かな日差しを取り入れ、取り入れた熱を逃がさない設計

夏は風を取り入れて冬は日差しを取り入れるんだケモ。

ケモノン
ユイ

風の入り口と出口をつくれば、自然と家の中に風が流れていくのね

IoTを活用して植物や動物たちが集まる快適な庭に!

昔から夏の暑い日には、家のまわりなどに水をまく「打ち水」などをして、涼をとったりしますね。現在は、あらゆるものをネットワークでつなげたシステムIoT(Internet of Things)を活用して、気象情報をもとに自動的に打ち水をすることもできます。自動的に水やりができれば植物が元気に育って、動物たちもやってきます。まずは自分の家の庭を自然いっぱいにすることで、地球にやさしい環境づくりの手伝いができます。

水を利用した涼風マシン

水を利用した涼風マシン

見守りカメラ

見守りカメラ

自動照明

自動照明

天気と連動する散水ミスト

天気と連動する散水ミスト

生活に必要なエネルギーも水もすべて自分の家でつくりたい!

答えてくれた人

ミサワホーム株式会社  商品開発部
富田直樹さん

生活に必要なエネルギーのすべてが自分の家でつくれたら、すごいと思いませんか。それと、毎日の生活に欠かせない水も、雨水などを利用して上手に使えば、自分の家だけで自立してくらせるようになります。こうした家が集まれば、大きな発電所をつくる必要もなく、大きなダムもつくらなくてよくなります。余ったエネルギーや水を地域の人に分けて使うこともできます。環境を壊してしまうような大きな施設がなくてもくらしていける、地球にやさしい家づくりも進んでいます。

地球にやさしい家はもっと進化していくよ!

答えてくれた人