「最高の職業」につくにはどうすればいいの?

おしごと年鑑 「知る」「学ぶ」「楽しむ」をかなえるお仕事 2019年度
公益財団法人数学検定協会

算数や数学って、将来、何の役に立つんだろうと思ったことはありませんか? じつはアメリカでは、数学を使った職業がとても人気があるのです。算数検定・数学検定を実施する、日本数学検定協会に教えてもらいました。

アメリカの「最高の職業」トップ10は、数学が関係する職業がほとんど!

アメリカの「最高の職業」トップ10

  1. データ・サイエンティスト
  2. 統計学者
  3. 情報セキュリティー・アナリスト
  4. 4位
    聴覚専門医 (聴覚の障害を診断する専門医)
  5. 5位
    超音波検査士 (病院などで超音波検査をする技師)
  6. 6位
    数学者 (数学を研究する学者)
  7. 7位
    ソフトウェア・エンジニア (コンピュータープログラムをつくる技術者)
  8. 8位
    コンピューターシステム・アナリスト (コンピューターシステムを管理・分析する専門家)
  9. 9位
    言語療法士 (言語に障害がある人を訓練する専門家)
  10. 10位
    アクチュアリー (数学を使って保険の商品を開発する仕事 )

※ランキングは、アメリカの求人情報サイト、キャリアキャスト・ドットコムが2016年に発表したもの。所得や将来性などをもとに算出されている。

数学を使えば、仕事も世界もこんなに変わる!

数学は、社会のさまざまな場所で使われています。数学を仕事に生かして、世の中を大きく変えた例を紹介します。

テーマパークが生き返った!

2010年ごろ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は入場者数が落ち込んでいたため、新しくハリー・ポッターのエリアを建設し、入場者数を回復しようと考えました。しかし、エリアの建設には巨額のお金が必要で、もし入場者数が増えなければ大損害をこうむります。このとき力を発揮したのが、数学(統計学)でした。 統計学を使って入場者数を予測したところ、「日本の全人口の90%が、USJにハリー・ポッターエリアができることを知れば、入場者数が200万人以上アップする」ということがわかりました。この予測をもとに、USJはハリー・ポッターエリアの建設を決断。結果として、飛躍的に入場者数を増やすことができました。

ハリー・ポッターエリア

成功のためには、「ハリー・ポッターエリアができることを、日本の90%以上の人が知る」必要があったので、さまざまな告知イベントをおこなった。

※参考 森岡毅・今西聖貴著『確率思考の戦略論USJでも実証された数学マーケティングの力』(角川書店)

インターネットも数学が支えている!

「Google」は、世界でいちばん使われている、インターネットの検索サイトです。Googleが、膨大な数のサイトの中から、検索キーワードに関連性の高いサイトを見つける方法は、数学(線形代数や確率)がベースになっています。

指標

Googleは検索結果を表示するために200以上の手がかりとなる「指標」を使っている。この指標の中でも有名なのがページランクで、あるページがどんなページからリンクされているかや、リンクの量などを総合的に判断して、ページの重要度を判断する。これは科学の論文の重要度を測る時の考え方を、数学で表したものだ。

数学が関係してるって知らずに使ってたよ。

ヒナタ

STEM教育

STEM教育とは、科学や数学を重視して科学技術能力を伸ばす教育のことで、アメリカやシンガポールで推進されています。オバマさんがアメリカ大統領だったときに重視したのも、このSTEM教育でした。

頭文字

※STEMは、それぞれの英語の頭文字を取ったもの。

「できた!」が増えると、もっと楽しくなるよ!

答えてくれた人

公益財団法人 日本数学検定協会 事業開発部
藤原綾依さん

数学を学ぶということは、自分が使える武器を増やすということだと思います。統計を使えば、部活の成績が上がるかもしれないし、図形の知識があれば、もっといい絵が描けるかもしれません。 数学が使われていることを見つけるだけではなく、自分で数学を使えるようになると、普段の生活がより楽しく充実したものになります。ぜひみなさんも、算数検定・数学検定にチャレンジしてみてください。合格という目標をたてて、がんばって算数・数学を 学習したことが、合格という成果につながります。「合格した!」「できた!」が増えると算数・数学の学習はもっと楽しくなりますよ。

藤原さん

算数検定・数学検定に合格すると、こんな合格証がもらえるよ!